大分県玖珠郡玖珠町大字小田中泊里

嵐山滝神社

 

arashi_1.jpg

 

正高卿はこの話を聞いて驚き、里人と淵瀬を探し、小松女院と十一人の侍女の遺骸を引き上げ、三日月の瀧のほとりに御墓所を作り、神社を建て御魂を鎮められました。

三日月の滝ものがたり

平安時代、京の都で醍醐天皇の御孫姫小松女院と、笛の名手の清原正高少納言は恋をしましたが、身分の違いもあり正高卿は豊後の国に配せられます。

小松女院は、正高卿の後を慕って十一人の侍女を伴い、はるばると当地の玖珠までやってきました。

 

やっとの思いで三日月の瀧のほとりまでたどりついた時一人の老樵に出会い、尋ねてみれば正高卿は、すでに矢野氏の姫を娶り長野の館に住んでいると聞き、今は尋ねても詮なきことと旅に使った笠や衣を松の木の枝に掛け、「笛竹のひとよの節と知るならば吹くとも風になびかざらまし」と辞世の歌を詠み、十一人の侍女と手を組み携えて、滝の水底に身を投じました。

 

 

 



 


 

 

 

 

page_footer_off.jpg